すぐに使える・長く使える 工場の働き方をガラッと変える「バランサ」選びの教科書
バランサ選びナビゲーション【モノかるNavi】 » バランサの種類とそれぞれの使用シーン » 電気式バランサ

電気式バランサ

電気を使って機械を動かす電気式(電動式)バランサ

電気式のバランサは、電気の力を使って重量物をバランス状態にし、少ない力で移動や作業が行えるようにサポートする機械です。設置に際しては、配線や対応した電圧、コンセントが必要です。可搬荷重は大きいもので1.5トンに対応。電気の供給がストップしても内蔵ブレーキによりワークの急降下を防止する安全機能を備えています。

ワークの重量変化に柔軟に対応

センサーが吊り荷の重量を感知して自動調整するため、重量が異なるワーク運搬でも吊り荷の状態を保持します。また位置決めも思い通りの場所にピタッと合わせることが可能です。バランス状態になれば、ワークを直接両手で持って作業することもできます。壊れやすいワークもキズをつけず優しい運搬が可能です。

内蔵センサーによる設定・再生を利用して作業性アップ

バランサにセンサーを内蔵しているため、様々な設定ができます。可動範囲や急な動きの制限、作業内容ごとに適した速度や加速度などの設定が可能です。スイッチ操作で必要な設定が簡単に再生できます。アシスト荷重をコントロールして、ワークから手を放すと自動的に上に戻るようにしたり着地したりする設定にすれば、作業効率の向上にもつながります。

他タイプのバランサと比較した際のメリットとデメリット

電気式(電動式)バランサのメリット

対応した電源があれば、コンセントを挿すだけで手軽に使えるのが電気式バランサです。電子制御を用いて、ワークの上昇下降スピードの制限設定や、あらかじめ決めた位置に近づくと速度制限をかけるなど、ワークの落下や急スピード防止のための様々な設定のカスタマイズができます。

停電などで電源がOFFになったときもワークの位置を保持する自動ブレーキがかかる安全機能が作動。ワークの重量とモーターの回転速度を計測して出力調整することでワークのバランスをコントロールし、重いワークでも小さな力で運搬できます。

電気式(電動式)バランサのデメリット

電気がなければ機械を動かす力を失ってしまうため、使うことができなくなります。電気の供給が止まっても直ちに停止しない仕組みになっていますが、停電などに備えて予備電源を用意しておくと安心です。

電気を使うので、ガスなど引火性の高いものを扱う場所や高温低温な環境、粉塵が多く発生するような危険箇所では使用できません。機械は静音仕様となっているものが多くありますが、電気を使って動かすため、ある程度の大きさの動作音が発生します。

電気式(電動式)バランサの活用シーン

ワークを正確な位置にセットする

自動車製造工場などで部品やパーツの移動や位置決め、大きな木材などを加工機に正しくセットするときなどに利用されています。重量のあるワークでも1人で思い通りの位置への運搬や位置決め作業が可能です。

様々なワークの積み下ろし作業

工場などでコンテナや原料など様々な形状や重量のワークの積み下ろしや、トラックへの資材積み下ろし、出荷前の準備作業でのパレット積み込み作業などに活用されています。

ワークの運搬・投入作業

食品などの工場では、袋に入った原料の運搬や大鍋などへの材料投入、物流の現場では様々な形状や重量のワークを台車から棚への移動、指定場所への運搬などに利用しています。

代表的な電気式(電動式)バランサ

電気式ラクラクハンド(アイコクアルファ)

電気式ラクラクハンド
画像引用元:アイコクアルファ公式HP
https://www.aikoku.co.jp/rh/products/

レバー操作だけでワークの上下移動やスピード調整が簡単にできます。操作しないときはワークをそのままの状態でキープする安全機能や、ワークの急降下や持ち上げすぎを防止する機能を装備。繊細なコントロールが可能なため、加工工場で機械に部品をセットしたり、農業など出荷準備のパレット積みに利用したりします。

エルゴハンド BMi2F-100/180(床上型)(トーヨーコーケン)

電動式バラマン BMi2F-100/180(床上型)
画像引用元:トーヨーコーケン公式HP
https://www.toyokoken.co.jp/products/detail_balancer.php?id=27MLVPL

電子制御・機械設計の技術を結集して開発し、従来型からさらに機能・操作性がアップ。エアを使わなくても高性能のバランス機能を備えています。可搬重量は50~250kg。あらかじめ高さを記憶させ、ボタン操作で位置を再生する位置再生機能や、動作範囲を任意設定して操作ミスでの天井接触や押しつけ過ぎなどの事故を防止する機能があります。

電動バランサ ムーンリフタ(ロボテック)

標準タイプML-30K
画像引用元:ロボテック公式HP
https://www.robotec.tokyo/moonlifter/moonlifter-product/

10~1,500kgのワークを吊り上げて移動させる助力装置です。重いワークでも小さな力で運搬可能。直接ワークを両手で持って上げ下げしたり、作業したりできます。作業中にワークの重量が変化しても柔軟に対応。ワークを思い通りの位置でピタッと合わせることができ、壊れやすいワークでも傷つけず優しく運搬できます防塵タイプ・HACCP対応も可能です。

ベーシックワイマン MY-B型(元田技研)

ベーシックワイマン MY-B型
画像引用元:元田技研公式HP
https://www.motoda-giken.co.jp/products/my-b/

パンダグラフ機構を採用された垂下形アームを有する円筒座標型となっており、従来のバランサの操作性や利便性を維持したまま、さらに作業員のストレス軽減を目指して自然な動きをサポートできるように設計されているバランサです。作業範囲を広く保てるよう構造になっており、さらにサーボモータータイプとハイスピードタイプの2種類がラインナップされています。寸法ごとに細分化され、数多くのサイズが展開されていることも特徴です。

サーボバランサー(シンテック)

サーボバランサー
画像引用元:シンテック公式HP
http://www.thing-tech.com/servo_balancer/

作業員の動きや意思を即座に作業へ反映できるよう、無駄な動作を排除して反応時間を圧縮し、慣性力による影響を小さく抑える設計が追求されました。ハンドルモードを選択すれば現場では作業員がハンドルを握るだけでサーボバランサーが直ちに反応し、ボタンを押したりレバーを操作したりといった作業は必要ありません。上下の範囲もソフトリミットで細かく設定できるため、反応が早すぎることで作業困難になる心配も解消されています。

吊り下げ式バランサユニット(CKD)

吊り下げ式バランサユニット
画像引用元:CKD公式HP
https://www.ckd.co.jp/kiki/jp/product/list?cid=37&sid=0

最大重量285kgのワークであっても、小さな力によって安全に運搬することができる吊り下げ式のバランサユニットです。また、例えば容器から液体や粉体などを少しずつ流す作業のような、搬送中にワーク重量が変化していく作業であっても、バランサが自動で重量変化を認識してバランスをキープしてくれるため、作業員がその都度コントロールする必要はありません。電気を使用しないオールエア方式対応で導入しやすいことも特徴です。

キトー電動チェーンバランサ(KITO)

キトー電動チェーンバランサ
画像引用元:KITO公式HP
https://www.kito.co.jp/products/balancer/

作業員がワークを直につかみながら操作できるフロートモードと、手元の操作でコントロールできる無段速シリンダモードの、2種類の動作パターンを選択できる吊り下げ式バランサです。サーボモーターが超低速動作でも安定した応答性を発揮し、微妙な位置調整や正確な組み付け作業などをサポートします。また、ワークへの揺れや振動といった影響も抑えやすくなっており、ガラス製品のような割れ物でも安全に運搬しやすいことが特徴です。

モノかるNavi 関連ページ
工場現場での使用目的別んだ
バランサメーカー
豊富な商品ラインナップ
現場での動かしやすさ重視
アイコクアルファ
「ラクラクハンド」
  • 設置スペースが限られている
  • 細かい作業が要求される
  • 既存のバランサが上手く動かなかった経験がある
エア式・電気式の製品数

200種類

アイコクアルファ公式HPで
導入実績を見る

バランサの詳細を見る

最大荷重2000kg
重いもの持ち上げる
ロボテック
「ムーンリフタ」
  • 超重量の材料を運搬する
  • 一度に多くの材料を運搬する
  • 複数人で1つのものを持ち上げる
最大荷重

2000kg

ロボテック公式HPで
導入実績を見る

バランサの詳細を見る

スプリング式など多数、
工具吊り下げ用
遠藤工業
「スプリングバランサー」
  • 天井から工具を吊るしたい
  • ~200万円など予算がかぎられている
スプリング式・ロープ式の製品数

110種類

遠藤工業公式HPで
導入実績を見る

バランサの詳細を見る

【選定条件】
2021年11月1日にGoogleで「バランサ」「バランサー」「助力装置 バランサ」と検索した際に表示されたバランサメーカー22社の内、以下の条件に当てはまるものを選出。
アイコクアルファ:該当メーカーの中でもっとも製品数が多く、尚且つオーダーメイド対応をしている。
ロボテック:該当メーカーの中でもっとも最大荷重が重いバランサを製造している。
遠藤工業:該当メーカーの中でスプリング式、ワイヤーロープ式、ロードチェーン式を扱っており、商品数が最も豊富。