すぐに使える・長く使える 工場の働き方をガラッと変える「バランサ」選びの教科書
バランサ選びナビゲーション【モノかるNavi】 » 助力装置「バランサ」とはどのようなものか » バランサのボタン操作

バランサのボタン操作

バランサには、リモコンなどによるボタン操作が必要なものがあります。ボタン操作を行っているあいだは片方の手をワーク(荷物)から放す必要があるため、操作に支障をきたすという意見もみられます。 しかし、ボタン操作を確実に行うことで一つひとつの動作が確実に行えるといった利点もあり、効率性との両立が悩ましいところです。

荷揚げや荷下ろしについて、ボタン操作が必要かどうかは意見が分かれるところですが、安全性が確保されておりボタン非搭載のマシンも便利に扱えるため、試用を行って実際の使い勝手をチェックすることが大切です。

バランサにボタン操作は必要か?

ハンドリング

ワークを掴み上げる「ハンドリング」は、従来のマシンではボタン操作が必要でしたが、現在ではボタン操作なしのモデルも選べるようになりました。 ワークを手動で引っ掛けて、あとは自動的にハンドリングをして目的の場所まで移動させられます。

ホイスト

全ストローク昇降を行うホイストは、自動で行うものではなくタイミングを見ながら行うため、ボタン操作が必要です。

バランス

エアー式のバランサは、エアーが動力源となっているため不安定になりやすく、「バランス」と呼ばれる荷重の位置を整える機能が搭載されています。 ワークを持ち上げてから指定の場所に置くまでのあいだに必要とされる機能のため、タイミングを見ながらボタン操作を行う必要があります。

フローティング

ワークを吊り上げた状態で停止させ、その位置から手で荷物を微調整する機能です。自動化することができない機能のため、ボタン操作が必要です。

アシスト

バランサのアシスト開始時と終了時は、従来のマシンではボタン操作が必要でしたが、新しいモデルではボタン操作が不要のものが選べます。 アシスト開始と終了の際にボタンを押す必要がないため、ワークをしっかりと手で押さえながら、両手で荷物を扱うことができます。

非常停止

非常停止については、どのタイミングで停止させるかが一定ではないためボタン操作が必要です。

バランサのボタン操作に関する注意点

カスタマイズが必要

バランサにボタン操作を適用するとき、初期の設定値とは異なる条件で稼働させたい場合は可動範囲や減速範囲、動きの感触設定などをチューニングする必要があります。

ボタン操作が不要なマシンについても、自社の環境に合わせるためにソフトウェアのバージョンアップが必要になります。作業に最適化したボタン操作ができるように、操作モードをカスタマイズしましょう。

リモコンの形状に注意

ボタン操作がわずらわしいと感じても、緊急停止ボタンなど作業に必要なボタン類は手元のすぐ近くに用意しなければなりません。 リモコンには、テレビやエアコン用リモコンのような細長い形状のほかに、1,2個のスイッチが搭載され親指のみで操作するコンパクトなタイプ、または指かけタイプのような形状も販売されています。

作業中はできるかぎり両手を使って安全に配慮しながら荷物を移動させたいところですが、ボタンの操作性を上げるリモコン・コントローラー類を選びましょう。  

工場現場での使用目的別んだ
バランサメーカー
豊富な商品ラインナップ
現場での動かしやすさ重視
アイコクアルファ
「ラクラクハンド」
  • 設置スペースが限られている
  • 細かい作業が要求される
  • 既存のバランサが上手く動かなかった経験がある
エア式・電気式の製品数

200種類

アイコクアルファ公式HPで
導入実績を見る

バランサの詳細を見る

最大荷重2000kg
重いもの持ち上げる
ロボテック
「ムーンリフタ」
  • 超重量の材料を運搬する
  • 一度に多くの材料を運搬する
  • 複数人で1つのものを持ち上げる
最大荷重

2000kg

ロボテック公式HPで
導入実績を見る

バランサの詳細を見る

スプリング式など多数、
工具吊り下げ用
遠藤工業
「スプリングバランサー」
  • 天井から工具を吊るしたい
  • ~200万円など予算がかぎられている
スプリング式・ロープ式の製品数

110種類

遠藤工業公式HPで
導入実績を見る

バランサの詳細を見る

【選定条件】
2021年11月1日にGoogleで「バランサ」「バランサー」「助力装置 バランサ」と検索した際に表示されたバランサメーカー22社の内、以下の条件に当てはまるものを選出。
アイコクアルファ:該当メーカーの中でもっとも製品数が多く、尚且つオーダーメイド対応をしている。
ロボテック:該当メーカーの中でもっとも最大荷重が重いバランサを製造している。
遠藤工業:該当メーカーの中でスプリング式、ワイヤーロープ式、ロードチェーン式を扱っており、商品数が最も豊富。