すぐに使える・長く使える 工場の働き方をガラッと変える「バランサ」選びの教科書
バランサ選びナビゲーション【モノかるNavi】 » 助力装置「バランサ」とはどのようなものか » バランサを操作する資格

バランサを操作する資格

バランサは工場内での荷物の移動、持ち上げに役立つ装置です。作業にあたって支障となる重いものの持ち上げ作業を省人化、省力化することが可能です。ここでは、バランサの操作に必要となる資格や操作する上での注意点について紹介します。ぜひ参考にしてください。

バランサの操作に資格は必要か?

バランサの操作については、法的な資格は不要です。バランサを使った作業についても、特別な資格を取得する必要はありません。

工場内での使用の場合、環境によっては狭い場所や往来のある場所での使用が考えられるため、取扱説明書の説明と注意事項をよく読み、確実に操作方法を理解したうえで安全に留意して使用を行いましょう。

一方、吊り上げる荷物の重さが0.5t(500kg)を超える場合は「クレーン」として扱われます。クレーンを扱う場合は、クレーン等安全規則の適用を受けるため、荷重1t(1,000kg)未満であれば「玉掛け業務特別教育」が、1t以上は「玉掛け業務技能講習」の受講が必要です。また、移動式クレーンの運転は吊り上げ荷重0.5t以上1t未満のものは「移動式クレーン運転特別教育」を受けなければなりません。

バランサの運転に特別な資格は不要ですが、クレーンやフォークリフト、玉掛けの免許および各講座の受講経験があれば、バランサを使った作業もスムーズに行えます。

バランサ操作上の注意点

バランサの操作では重量物を扱うため、いくつか注意しておきたいポイントがあります。吊り方・作業・機械に関する注意点をそれぞれ確認していきましょう。

吊り方に関する注意

バランサの使用では、「最大可搬荷重」を超えるものを吊り下げてはいけません。バランサが耐えられない重さのものを吊ろうとすると、機器の故障から事故に繋がるおそれがあります。

荷物は、所定のワーク(吊り荷)以外のものは吊ってはいけません。荷物ではないものを吊ってしまうと、思わぬ事故に繋がる可能性があります。

作業に関する注意

疲労または判断力が落ちているときの使用は避けてください。作業に適した服装、装備で、取扱説明書に記載されている注意点を守ったうえで作業を行いましょう。

作業中は、操作部以外の部分には手を触れてはいけません。機構の隙間、可動中のアームやロッドの隙間には注意し、手や指が挟まれないように注意を払ってください。

点検を行う際には可動していないことを確認し、正しい使用方法を熟知していない人が作業範囲に立ち入らないように注意しましょう。操作中に人が立ち入った場合はただちに操作を停止してください。

作業中、吊り荷の下を覗き込んだり手や足を入れたりしてはいけません。荷物が万が一落下した際に思わぬ事故に巻き込まれる可能性があります。

吊り荷を吊った状態で操作を一時停止し、作業場所から離れる行為も避けてください。

機械に関する注意

工場内の電圧や漏電遮断器を確認し、正しい方法で機械を接続しましょう。空気源に注水などを行わないように注意し、電源コードやアース線は正しい長さと規格のものを使って正しく配線してください。

故障は正しい知識をもつ専門家に診断を依頼し、交換部品は純正のものを使います。分解や改造、純正部品以外の部品を使った自己判断での修理は避けましょう。

工場現場での使用目的別んだ
バランサメーカー
豊富な商品ラインナップ
現場での動かしやすさ重視
アイコクアルファ
「ラクラクハンド」
  • 設置スペースが限られている
  • 細かい作業が要求される
  • 既存のバランサが上手く動かなかった経験がある
エア式・電気式の製品数

200種類

アイコクアルファ公式HPで
導入実績を見る

バランサの詳細を見る

最大荷重2000kg
重いもの持ち上げる
ロボテック
「ムーンリフタ」
  • 超重量の材料を運搬する
  • 一度に多くの材料を運搬する
  • 複数人で1つのものを持ち上げる
最大荷重

2000kg

ロボテック公式HPで
導入実績を見る

バランサの詳細を見る

スプリング式など多数、
工具吊り下げ用
遠藤工業
「スプリングバランサー」
  • 天井から工具を吊るしたい
  • ~200万円など予算がかぎられている
スプリング式・ロープ式の製品数

110種類

遠藤工業公式HPで
導入実績を見る

バランサの詳細を見る

【選定条件】
2021年11月1日にGoogleで「バランサ」「バランサー」「助力装置 バランサ」と検索した際に表示されたバランサメーカー22社の内、以下の条件に当てはまるものを選出。
アイコクアルファ:該当メーカーの中でもっとも製品数が多く、尚且つオーダーメイド対応をしている。
ロボテック:該当メーカーの中でもっとも最大荷重が重いバランサを製造している。
遠藤工業:該当メーカーの中でスプリング式、ワイヤーロープ式、ロードチェーン式を扱っており、商品数が最も豊富。