すぐに使える・長く使える 工場の働き方をガラッと変える「バランサ」選びの教科書
バランサ選びナビゲーション【モノかるNavi】 » 助力装置「バランサ」とはどのようなものか » メカロック仕様のバランサ

メカロック仕様のバランサ

メカロック仕様のバランサは、革新的な機械技術を活用して、安全性と効率性を高めた作業支援装置の一種です。このバランサは特別なメカロック技術により、従来のものと比較して優れた特性を提供し、様々な産業分野での作業において重要な役割を果たします。このページではその特徴や仕組みについて詳しく紹介します。

メカロック仕様のバランサとは?

特徴

メカロック仕様のバランサは、従来型のバランサと比較して、特定の機能や仕組みにおいて優れている、または異なる特性を持ちます。主な特徴は以下の通りです。

仕組み

メカロック仕様のバランサの仕組みは、通常、次の要素から構成されます。

メカロック仕様のバランサは、さまざまな産業分野で使用され、高い性能と信頼性を提供するため、その特徴と仕組みは多くのプロフェッショナルや技術者にとって重要な要素となっています。

メカロック仕様バランサの事例

固定式 パワフルアーム PAW

急激な重量変化がある作業時に、浮上や沈み込みが発生し、これが安全性や操作性に悪影響を及ぼす場合、メカロックを使用して安全性と作業性を向上させることができます。また、ロック機構はシリンダ内部に配置されているため、コンパクトで整理された作業が可能です。

PAWシリーズは、高い安全性を備えたデザインで、欧州安全規格CEマーキングに適合しているグローバルモデルです。また、許容モーメントは従来の仕様比で40%向上しており、高剛性な性能を提供します。

この製品は、「働く人のために」というコンセプトに基づいており、労働者の安全確保と作業負担の軽減に貢献する「ヒューマンアシスト製品」です。新しい方式の助力装置を採用し、下からのアクセスを可能にし、多軸仕様で折りたたみ格納ができ、収納時にもコンパクトです。用途や場所に合わせて最大3軸まで自由な組み合わせが可能で、より高い位置や遠くへの重量物搬送が行えます。これは、腰よりも高い位置から胸上への持ち上げ作業や、上方の障害物を避けて横方向への運搬作業に適しており、女性の職場での活躍や多人数作業の改善に役立ちます。

バランサの導入を検討しよう

メカロック仕様バランサは、メカロック技術による特別な機械的ロック機構を備え、安定性と精度を向上させ、振動を軽減。耐久性が高く、微調整が容易で多様なアプリケーションに適しています。

当サイトでは、バランサの選び方やバランサの基礎知識などをわかりやすく解説しています。ぜひチェックしてみてください。

工場現場での使用目的別んだ
バランサメーカー
豊富な商品ラインナップ
現場での動かしやすさ重視
アイコクアルファ
「ラクラクハンド」
  • 設置スペースが限られている
  • 細かい作業が要求される
  • 既存のバランサが上手く動かなかった経験がある
エア式・電気式の製品数

200種類

アイコクアルファ公式HPで
導入実績を見る

バランサの詳細を見る

最大荷重2000kg
重いもの持ち上げる
ロボテック
「ムーンリフタ」
  • 超重量の材料を運搬する
  • 一度に多くの材料を運搬する
  • 複数人で1つのものを持ち上げる
最大荷重

2000kg

ロボテック公式HPで
導入実績を見る

バランサの詳細を見る

スプリング式など多数、
工具吊り下げ用
遠藤工業
「スプリングバランサー」
  • 天井から工具を吊るしたい
  • ~200万円など予算がかぎられている
スプリング式・ロープ式の製品数

110種類

遠藤工業公式HPで
導入実績を見る

バランサの詳細を見る

【選定条件】
2021年11月1日にGoogleで「バランサ」「バランサー」「助力装置 バランサ」と検索した際に表示されたバランサメーカー22社の内、以下の条件に当てはまるものを選出。
アイコクアルファ:該当メーカーの中でもっとも製品数が多く、尚且つオーダーメイド対応をしている。
ロボテック:該当メーカーの中でもっとも最大荷重が重いバランサを製造している。
遠藤工業:該当メーカーの中でスプリング式、ワイヤーロープ式、ロードチェーン式を扱っており、商品数が最も豊富。