すぐに使える・長く使える 工場の働き方をガラッと変える「バランサ」選びの教科書
バランサ選びナビゲーション【モノかるNavi】 » 運搬シーン別に見るバランサ選びのポイントと導入事例 » 自動車製造

自動車製造

自動車製造の現場に適したバランサとは

自動車工場でフロントガラスの位置合わせに

丁寧な運搬が求められるフロントガラスの運搬にはエア式バランサがおすすめです。正確な位置合わせがしやすく、ワークを手で持って運搬することができます。

素早くバランス状態の切り替えができ、短いタクト作業にも最適。吸着パッドで優しくガラスを持ち上げ、傷や汚れをつけることなく作業できます。危険設備対応の防爆仕様とすることも可能です。

組立製造ラインで治工具や部品の懸垂に

多くの工程がある自動車の組立や製造ラインでは様々な道具や部品を必要とします。ライン上のその場その場に必要な治工具や部品を懸垂しておくには、スプリングバランサーが最適です。

必要な道具をすぐ手にして効率よく作業ができる上、道具の紛失防止、工場内の整理整頓にもつながります。天井にレールを敷いてバランサを設置すれば、広範囲で活用することも可能です。

重くて大きい部品を加工機へセットする時に

いろいろな形状をした部品がある中で、重量があって複雑な形の部品を機械へセットするときに適しているのが電気式バランサです。

アタッチメントはクランプ式を採用し、部品をしっかり掴んで持ち上げて運搬します。さらに180回転などの機能を追加すれば、加工機へセットする一連の作業がすべてバランサで安全に行えます。

選ぶべきアタッチメント

車のフロントガラスなど傷をつけずに丁寧に運搬したい場合のアタッチメントは吸着式が最適です。大きさや重さの違う部品を運搬したいときはクランプ式がおすすめ。ワークを外側からしっかり掴んで運搬します。内径がある場合は内側から挟み込んで持ち上げて運搬することも可能です。

ワークを掴む力をソフトにしたいときはエアシリンダーを用いてクランプ力を調整できるものがあります。磁石にくっつく金属製のワークでは市販のマグネット(永磁・電磁)を組み込んで運搬。電子制御を併用すれば着脱が手元でコントロールできます。

自動車製造の現場におけるバランサの活用事例

電気式ラクラクハンドEW270/アイコクアルファ

オートバイのエンジンは最大で100kgの重量があり、分解作業でエンジンを移動するのは、落下や挟まれる危険、腰痛の心配などがある大変な作業です。

1人で行えず何人もの人の手が必要で、時間がかかるものでした。電気式バランサを導入したことで、それらの問題が解決。重いエンジンを1人で安全に取り出して作業や運搬ができ、作業効率が向上しました。

事例参照元:アイコクアルファHP(https://www.aikoku.co.jp/rh/case/detail/automotive-01.html

使用バランサについて

電気式ラクラクハンドEW270は、電気を動力とし、スイッチ操作で上下移動やスピード調整が思い通りにコントロールできる助力装置です。センサーがワークの重量を常に感知し自動調整するため、重量が異なるワークでもバランス状態を保持して安全に運搬できます。バランス状態になれば、ワークを手に取って作業することも可能です。

エアバランサ スカラタイプBMS(床上型)/トーヨーコーケン

自動車工場内では、重量物を扱うことが多いので、危険を伴う作業が多くあります。シート取り付け作業、ホイールの運搬、様々な形状や重量の部品の運搬などです。それらの問題はエア式バランサを導入することで改善できました。

重いシートを無重力状態にして軽々と扱い、安全な作業が可能に。ホイール運搬はフォーク式のアタッチメントを採用して、ホイールの両端を挟み込んで運びます。運搬ごとに重量を感知するため、形状や重量が違うワークも安定した運搬が可能です。

事例参照元:トーヨーコーケンHP(https://www.toyokoken.co.jp/products/balancer/case/

使用バランサについて

エアバランサ「スカラタイプBMS床上型」は、2軸のアームが旋回するタイプのバランサです。作業に合わせて水平アーム、垂直アームそれぞれの長さが変更でき、設置スペースや天井の高さにも柔軟に対応できます。

手作業に近い感覚で操作しやすく、位置決めや短いタクト作業などに最適です。他機種に比べて開口部が少ないため、クリーンルームへの導入例が多くあります。

電気式ラクラクハンドED100/アイコクアルファ

自動車製造の工程で、熱処理をする前の金属トレーを回転させるというものがあります。重量があるため1人ではできない作業の上、製品に傷をつけずに回転させなければいけません。電気式バランサを導入して、重いトレーを軽々と扱えるようにしました。

アタッチメントにはエアクランプ式に手動で回転できる機能を追加。手作業のときと同じ流れで作業ができるように再現し、1人でも安全に行えるようになりました。

事例参照元:アイコクアルファHP(https://www.aikoku.co.jp/rh/case/detail/automotive-03.html

使用バランサについて

電気式ラクラクハンドED100は、簡単なスイッチ操作で上下移動・スピード調整が思い通りにコントロールできます。操作をしないときはワークの高さをキープしたまま保持し、ワークの急降下を防止する回路など安全機能を装備。

運搬の度にワークの重量を感知するため、様々な重量のワーク搬送に適しています。アタッチメントや設置方法は、作業内容や環境に合わせて柔軟な対応が可能です。

モノかるNavi 関連ページ
工場現場での使用目的別んだ
バランサメーカー
豊富な商品ラインナップ
現場での動かしやすさ重視
アイコクアルファ
「ラクラクハンド」
  • 設置スペースが限られている
  • 細かい作業が要求される
  • 既存のバランサが上手く動かなかった経験がある
エア式・電気式の製品数

200種類

アイコクアルファ公式HPで
導入実績を見る

バランサの詳細を見る

最大荷重2000kg
重いもの持ち上げる
ロボテック
「ムーンリフタ」
  • 超重量の材料を運搬する
  • 一度に多くの材料を運搬する
  • 複数人で1つのものを持ち上げる
最大荷重

2000kg

ロボテック公式HPで
導入実績を見る

バランサの詳細を見る

スプリング式など多数、
工具吊り下げ用
遠藤工業
「スプリングバランサー」
  • 天井から工具を吊るしたい
  • ~200万円など予算がかぎられている
スプリング式・ロープ式の製品数

110種類

遠藤工業公式HPで
導入実績を見る

バランサの詳細を見る

【選定条件】
2021年11月1日にGoogleで「バランサ」「バランサー」「助力装置 バランサ」と検索した際に表示されたバランサメーカー22社の内、以下の条件に当てはまるものを選出。
アイコクアルファ:該当メーカーの中でもっとも製品数が多く、尚且つオーダーメイド対応をしている。
ロボテック:該当メーカーの中でもっとも最大荷重が重いバランサを製造している。
遠藤工業:該当メーカーの中でスプリング式、ワイヤーロープ式、ロードチェーン式を扱っており、商品数が最も豊富。