すぐに使える・長く使える 工場の働き方をガラッと変える「バランサ」選びの教科書
バランサ選びナビゲーション【モノかるNavi】 » バランサの種類とそれぞれの使用シーン » エア式バランサ

エア式バランサ

圧縮空気を使用して動かすエアバランサ

ワークを持ち上げる動力源にエアを使ったバランス機能に優れたバランサです。重量のあるワークを軽くするため、女性や高齢の方などでも少ない力で運搬作業が行えます。設置にはエア源やエア配管が必要です。可搬荷重の範囲は0kg~450kg。動力がエアなので動作音は静かです。エアの供給が急停止してもワークやアームがその場で保持する機能を備えています。

運搬ごとに重量感知するため重量設定が不要

ワークの重量をあらかじめ設定しておいて、スイッチ操作で簡単にバランス状態が切り替えられます。手で作業するような感覚で行えるシンプルな操作法で、素早い切り替えも可能です。位置決めや短いタクト作業などに適しています。運搬のたびにワークの重量を感知するため、様々な重量のワーク運搬に向いています。

防爆設備やクリーンルームにも対応

電気を一切使わずエアのみで駆動し、金属が接触しない構造になっているため防爆設備での使用に適しています。オイル不使用のためオイルミストは発生せず、給気中の微小ごみで排出口が故障する心配がありません。危険物の運搬やガスなどを扱う危険箇所でも安心して使えます。ほこりや粉塵が発生しないため、クリーンルームでの使用も可能です。

他タイプのバランサと比較した際のメリットとデメリット

エアバランサのメリット

動力に電気を一切使わないので、引火性の高いガスなどを使用している施設や高温低温な環境でも使えるバランサです。空気の清浄度が管理され、空気中のゴミやほこり、細菌などの微粒子が少ない状態に保たれているクリーンルームでも使えます。

空気を使って機械を動かすため、動作音がとても静かです。最低限のパーツで構成され、軽くて丈夫な金属を使うなど機械自体もシンプルで軽量に作られており、交換が必要な部品も少ないため低コストでの維持が可能。オイルを使わず排気口からオイルミストを排出しないのでメンテナンスが簡単です。

エアバランサのデメリット

動力源に圧縮空気を使うため、エア源やエア配管を確保する必要があり、配管工事など使い始めるまでに手間や時間がかかります。機械だけでなく配管などの設置スペースを確保する必要もあります。

エアバランサは屋内仕様となっているため、屋外では使うことができません。屋内であっても雨や太陽光にさらされるような場所での使用は不可。もし屋外で使う場合には雨などが機械に影響を与えないような対策をする必要があります。エアの配管が届かない場所でも使うことが出来ません。

エアバランサの活用シーン

壊れやすいガラスなどの運搬

自動車工場でフロントガラスなどの移動や取り付け、建築建材関連の設備ではガラス板やガラスをはめ込んだ窓や扉の運搬など、デリケートな扱いが必要なワークの運搬に活用しています。

傷や汚れをつけてはいけない荷物の運搬

物流センターで様々な大きさの段ボールに入った荷物や、空港で形状も大きさもバラバラの荷物など、傷や汚れをつけてはいけないワークの運搬に多く利用されています。

危険物を取り扱うなど特殊環境で利用

ガスなど引火性の高い物質を扱う危険設備や、食品や医薬品などを扱うクリーンルームといった特殊な環境での使用に適しています。安全に使用できる機能をバランサが備えています。

代表的なエアバランサ

エア式ラクラクハンド(アイコクアルファ)

エアー式ラクラクハンド
画像引用元:アイコクアルファ公式HP
https://www.aikoku.co.jp/rh/products/

圧縮空気が動力源となっているバランサ。ワークを無重力状態にして、大きな力を使わずに、手で作業する感覚に近い操作感で、繊細な位置合わせが可能です。重量が一定しているワークの繰り返し運搬に多く利用されています。ワーク落下防止の安全回路を備えており、防爆仕様も対応可能。アタッチメントは作業内容に合わせてオリジナルで製作します。

エルゴハンド BMF(床上型)(トーヨーコーケン)

電動式バラマン BMi2F-100/180(床上型)
画像引用元:トーヨーコーケン公式HP
https://www.toyokoken.co.jp/products/detail_balancer.php?id=27MLVPL

圧縮空気をつなぐだけで、簡単に取り扱えます。エアを動力源とした高いバランス機能により、女性や高齢の方でも重いワークを軽々と扱うことができ、スムーズな運搬が可能です。スイッチ操作でバランス機能を切り替える「エア調圧制御」は短いタクト作業に、運搬のたびにワークの重量を検出する「エアダブル制御」は様々な運搬物の取り扱いに適しています。

MS-A型 (ペンダント操作モデル)(遠藤工業)

エアバランサー ホイスト機能・フローティング機能搭載モデル MS-A型(ペンダント操作モデル)
画像引用元:遠藤工業公式HP
http://www.endo-kogyo.co.jp/japanese/product/air-balancer/hoist/index.html

バランサとホイストの2つの機能で運搬作業をサポート。吊り荷が停止した位置から手で持って下へ30cm程度動かせるフローティング機能を備えています。昇降制御モジュールの速度調整ネジで速度制御が可能です。エアの供給がストップしたり、ペンダントスイッチのホースが断裂したりしても吊り荷が落下しない機能を搭載。エアモータを使用していないため動作音がとても静かです。

Zero-G Balancer(旭計器工業)

Zero-G Blancer
画像引用元:旭計器工業公式HP
https://www.asahigauge.co.jp/products/setubi/balancer/BALANCER.html

電気を使用せず圧縮空気だけで動作するオールエア方式対応のバランサです。防爆設備にも使用できるなど、導入できる場所の範囲や条件を拡大できることが特徴です。また、片手でバランサとホイストを選択できるなど、操作性を追求されていることも見逃せません。軽量化を追求することで作業による慣性の影響を抑えつつ、ワークへの影響を低減させていることもポイントです。なお、コスト面でもクライアントに配慮した設定となっています。

エアバランサー マイハンド(三栄精機製作所)

マイハンド
画像引用元:三栄精機製作所公式HP
http://sanei-air.com/products/airbalancer/

シンプルな設計と操作性が重視された構造となっており、片手で重量ワークをスムーズに運搬することができます。また、ワークの重量をあらかじめ設定する必要がなく、オールエア方式によって防爆環境下への導入が行いやすいといった点もメリットです。

軽量化によって取り扱いをスムーズにしているだけでなく、低コスト化も考慮されており、導入にかかるクライアントへの負担についても軽減が目指されていることは重要です。

エア式バランサー 持っ太郎(TAIYO)

持っ太郎
画像引用元:TAIYO公式HP
http://www.taiyo-ltd.co.jp/products/CarrierDevice/l_cat01/m_cat04/

オールエア方式のバランサに加えて、様々なアタッチメントを組み合わせることで、第10世代の大型ガラスやデリケートな薄型ガラスの運搬にも対応している点が特徴です。90度の反転機構など水平方向へのアプローチも可能な上、自動車業界や製紙業界、製薬業界など様々な分野や領域に合わせたアタッチメントパーツをオーダーメイド製作してもらえるため、幅広いニーズへマッチングします。なお、エア方式だけでなく電気タイプも製造可能です。

バランスアーム(ミヤケAB)

バランスアーム
画像引用元:ミヤケAB公式HP
http://www.miyake-ab.co.jp/airbalancer-balancearm.php

エアシリンダとリンク機構を活用した上下運動に加えて、水平方向への旋回機能を追加したエア式バランサです。単独で三次元の動作が可能となっており、作業範囲内であればどの位置に対しても自由にワークを動かして操作することができます。また、アーム支店が下方向にも設定できるため、工作機械やプレス機械などへ下側からワークを設置することも可能です。最大荷重が60・130・230kgと3パターンが標準展開されてニーズに対応します。

エアーバランサー ミスターキャッチマン(日立重機設計)

ミスターキャッチマン
画像引用元:日立重機設計公式HP
https://www.hitachi-juki.com/products_intro.html

2軸水平旋回方式が採用され、広範囲の作業に対応しています。また、シンプルな設計の構造とワイヤー方式を組み合わせることで製造コストも抑えられており、導入費用に関する低コスト化ニーズに配慮していることも重要です。ユーザーの作業スタイルや導入場所の環境に合わせて操作方法が複数展開されており、ワンハンド操作が可能なコントローラタイプや、ボタンによって対応負荷を調節できるボタンタイプなど任意に選択できます。

モノかるNavi 関連ページ
工場現場での使用目的別んだ
バランサメーカー
豊富な商品ラインナップ
現場での動かしやすさ重視
アイコクアルファ
「ラクラクハンド」
  • 設置スペースが限られている
  • 細かい作業が要求される
  • 既存のバランサが上手く動かなかった経験がある
エア式・電気式の製品数

200種類

アイコクアルファ公式HPで
導入実績を見る

バランサの詳細を見る

最大荷重2000kg
重いもの持ち上げる
ロボテック
「ムーンリフタ」
  • 超重量の材料を運搬する
  • 一度に多くの材料を運搬する
  • 複数人で1つのものを持ち上げる
最大荷重

2000kg

ロボテック公式HPで
導入実績を見る

バランサの詳細を見る

スプリング式など多数、
工具吊り下げ用
遠藤工業
「スプリングバランサー」
  • 天井から工具を吊るしたい
  • ~200万円など予算がかぎられている
スプリング式・ロープ式の製品数

110種類

遠藤工業公式HPで
導入実績を見る

バランサの詳細を見る

【選定条件】
2021年11月1日にGoogleで「バランサ」「バランサー」「助力装置 バランサ」と検索した際に表示されたバランサメーカー22社の内、以下の条件に当てはまるものを選出。
アイコクアルファ:該当メーカーの中でもっとも製品数が多く、尚且つオーダーメイド対応をしている。
ロボテック:該当メーカーの中でもっとも最大荷重が重いバランサを製造している。
遠藤工業:該当メーカーの中でスプリング式、ワイヤーロープ式、ロードチェーン式を扱っており、商品数が最も豊富。