すぐに使える・長く使える 工場の働き方をガラッと変える「バランサ」選びの教科書
バランサ選びナビゲーション【モノかるNavi】 » 助力装置「バランサ」とはどのようなものか

助力装置「バランサ」とはどのようなものか

バランサとは工場内などで、重い荷物の移動を行うための助力装置です。導入すると、作業の省人化・省力化を目指せます。重量物を人力で運ぶ際、腰痛の原因になったり、落下などの事故が発生したりする可能性がどうしても高くなるでしょう。

しかしバランサを作業現場に置くと、作業環境に適した機械が運搬をサポートしてくれるので、上記のようなトラブルの予防に繋がるほか、作業効率アップも期待できます。

またバランサは、アタッチメントと呼ばれる対象物を持ち上げたり、掴んだりする付属品を交換することで、さまざまなシーンで活用可能です。設置方法も、天井固定式や据え置き台座式、天井走行式など多種多様。作業現場やワークの内容によって選択できます。

バランサメーカーによっては、オーダーメイドによる作業環境に合ったバランサの提供も行っているので、自社環境にぴったりの製品を探している人は、相談してみるとよいでしょう。

アタッチメントの種類

バランサのアタッチメントは7種類あり、それぞれ特性が異なります。作業環境に合ったバランサの導入には、アタッチメントの理解が必要不可欠なので、しっかりチェックしましょう。

バランサに使用するアタッチメントの種類について
詳しく見る

バランサの選び方

バランサを導入する際に苦労するのが、選び方が分からないということ。バランサやそのアタッチメントに種類があり、よく分からないからといって業者任せにすると、自社環境にそぐわない提案をされるかもしれません。

そうならないためにも、バランサメーカーを選ぶ時は以下の4点をチェックしましょう。

詳しくは下記リンクにて紹介しているので、参考にしてください。

バランサの選び方について
詳しく見る

他の助力装置との違い

バランサ以外にも省力化・省人化を行える助力装置が多数存在します。パワーアシストスーツ・自立式助力装置・スライダーボード・門型油圧リフター・チェーンブロック・ウインチ・チルクライマー・ウィンバッグなどが代表的です。

これらの助力装置とバランサの違いが分からないまま機器の導入を検討すると、作業環境に合わない助力装置を選択してしまう可能性も。他の助力装置との違いを丁寧に理解し、自社の作業内容やワークに適しているのかを比較検討してみることが大切です。

助力装置の種類ごとの違いについて詳しく見る

その他の助力装置①「パワーアシストスーツ」

パワーアシストスーツは、作業員の体に装着することで、小さな力でも重量物を運んだり、重たい作業をスムーズに行えたりできるようにサポートしてくれる助力装置です。パワーアシストスーツは任意の場所に運んで作業を行うことが可能であり、様々な場面で利用しやすい反面、導入コストの面で負担が大きくなってしまう可能性もあります。

まずはパワーアシストスーツの特性やバランサとの違いについてポイントを把握しておきましょう。

パワーアシストスーツについて詳しく見る

その他の助力装置②「スライダーボード」とは

スライダーボードとは、地面に敷いて使用する板状の助力装置です。プラスチック樹脂材料を用いて作られたボードの表面には特殊加工が設けられており、重量物をボードへ載せた際の摩擦係数を低下させてスムーズな水平移動をサポートします。ここではスライダーボードの特徴やメリットをまとめました。

スライダーボードについて
詳しく見る

工場の働き方・現場改善のために知っておきたい基礎知識

重量物の制限とは

日常的な業務において、重たい荷物を持ち上げたり運んだりすることは従業員の腰痛や落下事故といった労働災害のリスクを上昇させます。そのため労働基準法では、法的に労働者が取り扱い可能な「重量物」の重さなどについて条件を定めています。ここでは労働者の属性ごとに重量物の制限内容を解説しています。

重量物の制限について
詳しく見る

バランサを操作する資格

バランサを操作する際、特別な資格は必要ありません。ただし、吊り上げる荷物の重さが0.5t(500kg)を超えるバランサはクレーンとして扱われるため、玉掛け業務特別教育や玉掛け業務技能講習の受講が必要です。法的な資格自体は不要ですが、バランサの操作時にクレーンなどを扱った経験があれば、作業がスムーズに行えます。

バランサを操作する資格について
詳しく見る

バランサの設置許可

バランサの設置は、可搬重量が0.5t(500kg)を超える場合は「クレーン等安全規則」に準じます。それを超えない重さについては、特別な設置許可を受ける必要はありません。バランサの設置では、許可のほかにも設置場所の安全を確認し、バランサの故障や事故に繋がる可能性のある場所は避けて正しく設置を行う必要があります。

バランサの設置許可について
詳しく見る

バランサ導入に活用できる補助金や税制

バランサを設置すると、工場内などで重い荷物を運搬する手間が省け、効率化や省人化に役立ちます。機械設備の導入には厚生労働省や経済産業省から交付される補助金のほか、中小企業などを対称とした税制優遇措置が受けられます。募集期間が過ぎてしまうと応募できなくなってしまうため、期限内に応募・申請を行いましょう。

バランサ導入に活用できる補助金や税制について
詳しく見る

バランサの事故防止のための安全対策

バランサの設置で省人化や省力化を図る際に意識したいポイントが「安全対策」です。急な巻き上げによる事故、吊り上げ中の荷物の落下などはバランサに多くみられる事故のため、万が一の事故を防止する機構やシステムが搭載されている機械設備が必要です。安全対策が施されている設備を比較し、導入にふさわしいものを選びましょう。

バランサの事故防止のための安全対策について
詳しく見る

バランサの部品交換

バランサには、フック・ワイヤー・スプリングなどさまざまな部品が取り付けられています。消耗をしやすいものは定期的に検査や点検を行い、交換するようにしましょう。取扱説明書を読みながら自分で交換できるものもありますが、交換をしてかえって不具合が起きる可能性もあるため、メーカーの修理担当者やプロの修理業者に依頼してください。

バランサの部品交換について
詳しく見る

バランサのボタン操作

バランサに搭載されているボタンは、非常停止ボタンをはじめ万が一のトラブル対応に必要なものが多く、ワークを空中で一定の位置に固定するバランス機能や、微調整をしながらワークを置くためのフローティングなどにもボタン操作が必要になります。一方、搬送のみであればボタン操作が不要なマシンも登場しています。

バランサのボタン操作について
詳しく見る

バランサの点検

バランサは荷物の吊り上げや吊り下げといったさまざまな業務をこなすマシンです。使い続けるほど摩耗や故障のリスクが上がるため、適切な点検が必要です。クレーンに該当するバランサに対しては、クレーン等安全規則に基づいて、作業の前に行う「作業開始前点検」と決められた手順にしたがって行う「定期点検」を実施しなければなりません。

バランサの点検について
詳しく見る

バランサの体験や展示

バランサは事前にデモンストレーションを行い、実際のマシンの使い勝手やアタッチメントの種類などをチェックしましょう。常設展示の場合は、企業の事業所や営業所に設置してあるケースが多く、移動式のデモンストレーションカーを保有している場合もあります。展示会は定期的な開催のほか、オンライン形式でも行われています。

バランサの体験や展示について
詳しく見る

バランサ導入前の準備

バランサの導入では、事前準備としてワークの重量やサイズ、バランサの形状や設置したい環境に関してメーカー・販売業者に伝える必要があります。チェックシートの提出や聞き取りで要望を伝えますが、不明点はそのままにせず質問をして解消しましょう。希望通りのバランサを選ぶためには、導入前の準備を丁寧に行うことが大切です。

バランサ導入前の準備について
詳しく見る

バランサの吸着テスト

バランサの中には、ワークを吸着して上げ下ろしや移動を行える製品もあります。ただし吸着型はすべてのワークに適しているわけではなく、事前にワークのサンプルを用意して、吸着テストを行う必要があります。テストによって得られた結果によっては吊り下げ式に変更するなど、適切なバランサの検討に役立てることができます。

バランサの吸着テストについて
詳しく見る

人手不足の解消に役立つバランサ

バランサは、重い物の持ち上げや作業の負荷を軽減し、少人数での効率的な作業を可能にする装置です。人手不足の状況で、作業者の負担を軽減し、作業効率を向上させることで生産性を維持・向上できます。また高度なスキルを必要とせず、新人や非熟練者の迅速な投入が可能です。自動化も進んでおり、24時間運用で生産性を最大化できます。産業界の課題である人手不足の緩和に寄与する重要なツールと言えます。

人手不足の解消に役立つバランサについて
詳しく見る

バランサで労働環境の疲労・ストレスを削減

バランサの活用は重労働の負担を軽減し、適切な姿勢を促進することで労働者の疲労とストレスを削減します。作業効率の向上や安全性の向上により、長時間の作業による身体的な負担が減少し、心理的な安定感が増加するのもポイントです。これにより健康な労働環境が構築され、生産性と労働者の満足度が向上します。

バランサで労働環境の疲労・ストレスを削減について
詳しく見る

メカロック仕様のバランサ

メカロック仕様のバランサは、先進的な機械技術を駆使して設計された作業支援装置です。その特徴は、特別なメカロック技術を導入したことにあります。この技術により、バランサは従来型と比べて安定性と精度が向上し、急激な重量変化や振動にも対応できます。このバランサは産業分野や科学研究など幅広い用途で重要な役割を果たし、作業の安全性と効率性を向上させる革新的な装置といえます。

メカロック仕様のバランサについて
詳しく見る

パレタイジング仕様のバランサ

パレタイジング仕様のバランサは物流や倉庫管理において効率的なパレット積み付けを実現するための革新的なシステムです。作業効率の向上、品質管理の向上、労働力の削減、および安全性の向上など多くのメリットがあります。物流や倉庫管理の分野でますます重要性を増しており、製造業や物流業界において広く採用されています。

パレタイジング仕様のバランサについて
詳しく見る

バランサの省エネ性能

バランサの省エネ性能は製品によって異なります。各メーカーでは省エネ性能の高いバランサを提供していることもあり、ランニングコスト削減の面においても、省エネ性能の高い製品選ぶと使いやすいはずです。省エネ性能が高い製品の具体例をあげながら解説するので、バランサ選びの際の参考にしてください。

バランサの省エネ性能について
詳しく見る

バランサに対する保証

バランサには一定の保証がついていることがほとんどです。ある程度の傾向はありますが、メーカーにより保証期間や保証内容は異なるため、導入の際には保証内容を確認することが欠かせません。公式サイトから確認できる場合もありますが、メーカーへ問い合わせなければならないこともあるため、事前に保証についてのおおよそを理解しておきましょう。

バランサに対する保証について
詳しく見る

バランサに使用されるつり具(吊具)の種類とは

バランサに使用されるつり具(吊具)には、大きく分けて3種類があります。繊維を使用したもの、チェーンを使用したもの、回転したり可動したりするタイプのものなどです。つり具(吊具)は用途により適した種類が変わるため、バランサを導入するならその前につり具(吊具)について、種類ごとの特徴を知っておくようにしてください。

バランサに使用されるつり具(吊具)の種類について
詳しく見る

バランサを無線操作するメリットや注意点とは

バランサを無線操作にすると、天井が低くいところや手が届かないところでも使えること、業務効率が向上することなどのメリットがあります。しかし同時に注意点もあるのがバランサの無線操作です。無線であるため通信が途切れないよう、配慮する必要があります。無線操作のバランサを導入する際には、メリットとともに注意点も知っておかなければなりません。

バランサを無線操作するメリットや注意点について
詳しく見る

バランサとホイストの違いとは

バランサとホイストの違いは、荷重への柔軟性や操作性、安定性にあると言えます。ホイストではボタン操作が必要であり、荷重が変わった場合に調整が必要です。また接地や落下の危険性もあります。しかしバランサはボタン操作の必要がなく両手でワークの位置決めが可能です。接地・落下のリスクも抑えられ、荷重が変わった場合は自動的に均衡を保ちます。

バランサとホイストの違いについて
詳しく見る

ツールバランサとは

ツールバランサとは、作業に使用する工具を吊り下げておき、使いやすくするための装置です。作業の効率性を高めるたけでなく、吊ることにより工具の汚損を防ぐ効果もあります。工具を吊り下げることで作業効率がアップする効果が期待できますが、さらにツールバランサの機能性により作業の正確性が高まることもメリットのひとつです。

ツールバランサについて
詳しく見る

バランサにおけるレールシステムとは

バランサにおけるレールシステムとは、面の形状である重量物を搬送させるためのシステムで、3次元での移動も可能です。設置のために大掛かりな工事な不要で、専用ブラケットにて固定するため導入へのハードルも低くなっています。業務効率化に役立つだけでなく、アルミ製であれば腐食の心配もなく長く使い続けられるでしょう。

バランサにおけるレールシステムについて
詳しく見る

バランサにおけるオイルミストとは

オイルミストはバランサなど、工作機械を使用する際に生じる恐れがあるものです。環境汚染にもつながりますが、呼吸器や皮膚に付着することにより、炎症や疾患が発症することもあるためバランサ使用の際にはオイルミストの発生を抑える必要があります。クリーンな作業環境を維持するには、オイルミストについて知っておくことが大切です。

バランサにおけるオイルミストについて
詳しく見る

工場現場での使用目的別んだ
バランサメーカー
豊富な商品ラインナップ
現場での動かしやすさ重視
アイコクアルファ
「ラクラクハンド」
  • 設置スペースが限られている
  • 細かい作業が要求される
  • 既存のバランサが上手く動かなかった経験がある
エア式・電気式の製品数

200種類

アイコクアルファ公式HPで
導入実績を見る

バランサの詳細を見る

最大荷重2000kg
重いもの持ち上げる
ロボテック
「ムーンリフタ」
  • 超重量の材料を運搬する
  • 一度に多くの材料を運搬する
  • 複数人で1つのものを持ち上げる
最大荷重

2000kg

ロボテック公式HPで
導入実績を見る

バランサの詳細を見る

スプリング式など多数、
工具吊り下げ用
遠藤工業
「スプリングバランサー」
  • 天井から工具を吊るしたい
  • ~200万円など予算がかぎられている
スプリング式・ロープ式の製品数

110種類

遠藤工業公式HPで
導入実績を見る

バランサの詳細を見る

【選定条件】
2021年11月1日にGoogleで「バランサ」「バランサー」「助力装置 バランサ」と検索した際に表示されたバランサメーカー22社の内、以下の条件に当てはまるものを選出。
アイコクアルファ:該当メーカーの中でもっとも製品数が多く、尚且つオーダーメイド対応をしている。
ロボテック:該当メーカーの中でもっとも最大荷重が重いバランサを製造している。
遠藤工業:該当メーカーの中でスプリング式、ワイヤーロープ式、ロードチェーン式を扱っており、商品数が最も豊富。